日本遺産木曽路 English Site
日本遺産木曽路構成文化財一覧木曽を語るお知らせ

13福島関所跡

福島関所跡

ストーリー

日本三大馬市が開かれていた木曽福島にある関所。木曽馬はこの地で売り買いされていた。

概要

昭和54年3月13日に国指定史跡に指定されて、当時の門などを復元し、資料館は関所に関する資料を展示している。

観光ポイント

福島関所は日本四大関所の一つ。中山道のほぼ中間に位置し、創設以来約270年間、中山道の要衝として「入鉄砲」「出女」を取り締まった重要な関所です。隣接地には往時の姿を忠実に復元した関所資料館があり、関所通行に関する資料や関所に置かれていた武具などが展示されています。敷地内には休憩所も設けられていますので、ごゆっくりとお過ごしください。

  

現地レポート

川村弘士さん

川村弘士さん

 

川村弘士さんにお話を伺いました。

家康が天下を取って街道整備を行いました。それは、関ヶ原の合戦の落ち武者が地方に流れないためなんですよと話して頂きました。

福島関所の知名度はとても高くて、古く由緒があります。
ここと碓井、東海道は静岡県新居町、箱根、この4つがとても重要とされた関所で「入鉄砲出女」を見張ったと言われています。
鉄砲もそうですが江戸や京都へ女性が行くと帰ってこない。地域が発展しないので、女性は手形が無いと通れなかったんですね。

関所跡を公園に

女性は何しにいくか、なぜ中山道を通るのか、詳細な手形が必要で、とても厳しく管理する関所だったそうです。通るのは並大抵ではなかったんですね。
そんな気持ちでこの関所を通ってみてください。

今後の取り組みなどのお考えはあるのですか?

この関所に人形を置いてね、当時の再現と、手形を渡して関所を通る体験をできるようにしたいと思っています。現実になり多くの人が訪れるようになるのが楽しみなんです。

当時の再現に燃える川村さんからお話しを聞く事ができました。

  

見どころ

昭和50年に復元された関所門、史跡公園、隣接する資料館など。


 

アクセス

最寄駅・インターから

JR木曽福島駅から

徒歩 25分

中央自動車道伊那インターから

伊那インターから約40分

住所

福島関所跡

長野県木曽郡木曽町福島4748番地1
TEL:0264-23-2595




すべての文化財を見る